耳を澄ましている女性

ED治療薬は、バイアグラ・レビトラ・シアリスと呼ばれる3つがあります。
勃起力の強弱や作用時間が異なりますが、血流を促進する目的は一緒です。
3つのED治療薬の特徴を見ながら、効果をマックスに発揮する飲み方を知っておきましょう。

【バイアグラ】
バイアグラは世界で初めてのED治療薬として、ファイザー社が開発しました。
知名度が高いので、ED治療薬の代表ともいえる勃起効果をもっています。
特徴:青色でひし形の錠剤
飲むタイミング:性行為の30分~1時間前
食事の影響:受けやすい
作用時間:4~6時間
用量:25mg・50mg

バイアグラは、食事の影響を受けやすいため空腹時の服用するのが基本。
血中濃度のピークは飲んで1時間後に迎えるので、空腹時で性行為の1時間前に服用すればマックスの勃起効果が得られます。

【レビトラ】
レビトラは世界で2番目に承認されたED治療薬で、バイエル社が開発されました。
即効性を特徴としているので、服用して最短15分で効果を発揮することも。
特徴:丸型のオレンジ色
飲むタイミング:性行為の20~30分前
食事の影響:やや受けやすいが、700kcal以内の食事はOK
作用時間:4~10時間
用量:10mg・20mg

レビトラは、即効性が高く食後でも服用できるタイプです。
即効性がほしい時は、空腹時の飲むと早く効き目がでますが、血中濃度のピークは45分後。
ギンギン度マックスな勃起を得たい場合は、性行為の45分前に服用してください。

【シアリス】
シアリスは世界で3番目に開発された、イーライリリー社が手掛けるED治療薬。
服用に関して自由度が高く、制限の少ないことで定評があります。
特徴:涙型のくすんだ黄色
飲むタイミング:性行為の1~4時間前
食事の影響:受けにくい、800kcalまで摂取可
作用時間:24~36時間
用量:10mg・20mg

シアリスは、最長1日半も効果が続く圧倒的な持続力をもっています。
食事の影響を受けにくいので、恋人とディナーを楽しんだ後でも服用できます。
800kcal内のいう制限はあるため、できるだけ高カロリーな食事は避けてください。
血中濃度のピークは服用して3時間後なので、勃起効果を1番発揮するタイミングになります。