日にかざしたクローバー
ED男性は「勃起しないのは今だけ?」と、認めたくない気持ちを持っています。
病院の受け付けでEDの症状を伝えにくいし、周りの目を気になって中々踏み込めない男性も。
恋人に打ち明けられない方もいて、ED治療に対するハードルは高いようです。
ですが、勃起障害(ED)は放っておくと悪化してしまいます。
気づいた段階で治療を行なっていかないと、服薬だけでは治らない可能性もあるのです。

病院で処方してもらう流れをみて、頭でシュミレーションしてリラックスしていきましょう。
【1】受付
EDの場合は、泌尿器科へ受診します。
予約が不要なクリニックは多いので、診療時間内に行って診察してもらいます。
受付スタッフに「初診です」と伝えてください。
ED治療は自由診療と呼ばれていて、保険が効かないため、保険証や身分証の提示は必要ありません。

【2】問診
女性スタッフに診られるのが嫌という方は、男性ドクターによる問診を希望してください。
・健康状態の確認
・ED治療薬の説明
・必要に応じて血圧測定
自分の性器を見せる必要はないので、安心してください。
質問があればドクターに聞いて、できるだけ不安を取り除きましょう。

【3】お薬の処方(院内処方のあるクリニック・病院)
院内で処方してもらえる所であれば、そのままお会計をして終了です。
診察料はかからずにお薬代のみだけで済むクリニックもあります。
インターネットで口コミや情報を見ながら、泌尿器科へ行ってみてください。

ED治療薬は、病院だけでなく通販サイトからの購入もできます。
通販サイトは通院する必要や時間をとられないので、気軽にED治療が可能です。
1度病院で診断してもらってから、ED治療薬の使用感を試して通販購入にチェンジするのもオススメです。